このサイトでは『あまく考えてはいけないヘルペスの恐ろしさ』がテーマの情報を紹介。

多くの人が耳にしたことがあるであろう病気のヘルペスには自覚症状があるのか?

ヘルペスの治療をしてくれそうな医師のイメージ

ヘルペスという病気はご存知でしょうか。おそらく、その名前くらいは耳にしたことがあるという場合も多いのではないでしょうか。

とはいえ、具体的な症状に関しては罹患された経験が無いかぎり分からないということもあるかもしれません。そこで、今回は特徴的な症状などについて見ていきましょう。

ヘルペスの中でも一般的なものが「単純ヘルペスウイルス」です。こちらは、身体のあらゆる場所に感染をして、皮膚に水ぶくれが出来てしまうのです。

「口唇ヘルペス」「性器ヘルペス」においては、小さな水ぶくれが特徴的で、痛いもしくはかゆい状態が続きます。そして、水ぶくれが敗れてかさぶた状態になると約1週間02週間ほどで自然治癒します。

小児期で初めて罹患したという場合には、自覚症状が無いもしくは軽症で済むということが大半ではありますが、その限りではありません。

また、この時期に感染することによって「免疫」ができますので、成人後に再発をしても軽症で済むという事も考えられます。

以前の小児期の感染人数はある程度存在していたともいわれていますが、現代においてはこの時期に感染をする機械が減ってきています。

生活様式の変化などがその大きな理由です。ですから、成人後の初感染というケースが多く、重症化しやすいということもまた考えられるのです。

自己判断はせずに早い段階で病院を受診しましょう。今回はヘルペスの特徴的な症状について見ていきました。初めて罹患をしたという場合においても、特徴的な症状ですから分かりやすいかとも思います。

こうした症状に関する知識を持っておくこともまた大切なことといえるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ