このサイトでは『あまく考えてはいけないヘルペスの恐ろしさ』がテーマの情報を紹介。

ヘルペスかもしれないと感じてから病院で診てもらうまでの流れ

口にできたヘルペスを左手の小指で触ろうとしている女性

ヘルペスにはいくつかの種類があり治療を行うことによって症状を和らげることが出来るものです。どのような自覚症状がある科などという部分についてはご存知の方もいらっしゃいますが「どのように体内に入り込み症状につながるのか」はご存じない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、体内で起こっていることについて見ていきましょう。ヘルペスウイルスは、たとえば皮膚にできた小さな傷口や粘膜組織から侵入してしまうのです。

「ささくれ」などからでも入り込んでしまうのです。皮膚が炎症状態にあるですとか傷や湿疹が出来ている場合には、皮膚そのもののバリア機能・身体の抵抗力が落ち居ているとも考えられますので、さらに感染のリスクが高まるという恐れもあります。

こうして、皮膚細胞の中に進入したヘルペスウイルスは、分子を複製します。簡単にいえば「増殖してしまう」ということなのです。

皮膚細胞だけにとどまらず、神経経路をさかのぼり「神経節」という部分で潜伏をします。これが潜伏期間となってしばらく自覚症状が出ないという状態です。

すぐに発症するという潜伏期間がほとんど無いという方もいらっしゃるようです。しかし、中には何年も経過してから症状が出るなどということもあるのです。

また、何度も再発をしてしまうという場合もあるでしょう。これらの真逆のケースとしては症状が一切無いということもあるのです。

気になる症状が少しでも見られたら病院へいかれることをおすすめします。また、パートナーやご家族がヘルペスに罹患したという場合には、念のため検査を受けるというのも良いかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ