このサイトでは『あまく考えてはいけないヘルペスの恐ろしさ』がテーマの情報を紹介。

ヘルペスはどうやって感染してしまうのかということをいろんな情報を比較してみました

ヘルペスに直接薬を塗布しようとしている人

ヘルペスはウイルス性疾患ですから「感染をする」という事によって引き起こされてしまいます。そこで気になるのが「どのように感染してしまうのか「どのような感染をたどるのか」という部分かと思います。

今回は、感染という部分に注目をして考えていきましょう。一般的に知られている単純ヘルペスウイルスは、感染力が強く、水ぶくれなどの自覚症状が出るものです。

こうした症状が出ているときには「大量にウイルスを排出している」ともいえるのです。初感染者抵抗力が落ちているという人が接触をすることによって、感染してしまう可能性が高くなってしまうのです。

口唇ヘルペスの場合も同様です。キスをしたり幹部に触れたりなどという事で感染をします。性器ヘルペスの場合は、性行為が主でしょう。

場合によっては口唇ヘルペスのウイルスが性器に感染し、結果として性器ヘルペスになるという事もあるのです。症状が出ている時期には先のように感染しやすいと記しました。

では、症状が無いときにはまったく心配が無いのでしょうか。結果から言えば、感染の可能性がゼロであるとはいえません。仮に、皮膚に症状が表れていない状態であっても、ウイルスが粘膜・唾液・精液などに出ていることもあるのです。

ということは、自覚症状が無いという場合でもパートナーや家族などに感染させてしまうこともありうるということです。さらには、直接的な接触ばかりではなくタオルやグラスの共有・トイレの便座などから感染をすることもあるのです。

症状ばかりではなく「なぜ感染をするのか」という部分について知っておくと、周囲の人々にうつしてしまうリスクを下げることも出来ますし環境を整えることもしやすいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ